キヤノンの一眼レフ「EOS Kiss F」を売ったら謎の高額買取だった件

コンバンワたま男です
今晩もカメラや写真で遊んでみましょう
今回はキヤノンの一眼レフカメラ
「EOS Kiss F」を売ってみたら謎の高額買取だった件



先に注意!:

中古カメラ屋の「買い取り」の査定価格は
毎日変化していますし
状態や在庫によっても可変しますので
何時でも今回の日記の件と同じ事が起きるという話ではありません




まず
長い「お話」があるので
タイトルの結果が知りたい方は↓下の方まで飛ばしてOK!




近年
デジタルカメラが人気だ

・・・なんて前置きはもう飽きるくらい
今更言う必要もないほどには
「デジタル一眼レフカメラ」は普通の家電製品になっている

なので
毎年のように新製品が発売され
買い時を逃すと店頭には
新製品と安くなった旧製品が並び
どちらを買うか悩む事になり

その果てで
「デフレ」というスパイラルに陥ってる

・・という話は今回は関係なくw


ある時期から
「デジタル一眼レフカメラ」は

写真(画像データ)を記録する装置・・・
つまり「写真機」としては十分な性能になった

それ以降はつまり現代は
そこに「それ以上」を毎年肉付けしてる


これはマニアや近年のヲタ
いわゆる「スペック厨」には反論があるお話なのだが

その転換期となったのは

「EOS Kiss Digital X」(同N)

の発売頃(2006年)からだろう

デジタル一眼レフカメラは高くてデカくて重くて
カメヲタみたいでクサそうで何よりキモイ!

というイメージを払拭しつつ
写真を撮る写真機としての性能は十分あり
お子様を撮るパパママさん達にも人気になり

現在の
ミラーレスなどのデジカメ人気まで続いてる


つまり写真を撮るだけなら
2006年頃の一眼レフカメラでも
ぶっちゃけ今でも十分な性能があり

それ以上の性能とは
それ以上の性能が必要なシーンを撮りたい方に必要なだけで
モータースポーツや航空機など特定のシーンでなく
普通に撮る分には
今でも全然問題なかったりする

他はせいぜい「高感度」の性能差くらいの事で

ハッキリ言えば
カメラ内のアートフィルターやAEなどの
付加された今時の機能が必要かどうか?
って話



「EOS Kiss Digital X」は人気なり
その後に後続機の
「EOS Kiss x2」が出た

この時がピークというか
キヤノンのデジ一眼レフの基盤をガッチリ固めた時期だろう

今でもそうだが
デジタル一眼レフは高い

高いがお子様の成長を撮るパパさんなどは
お金を惜しまない

惜しまないがデフレの世の中
安けりゃ安い方がいい
だが性能も欲しい

「kiss x2」は性能は良いんだが高い

キヤノンの意地なのかプライドか
または殿様気分なのか
デフレでもそうそう自らを安売りしない
つうか
一眼レフ人気で売れるんだから安くする必要は無かったのだ


だがそんな時期に奴が来た!


ニコンの「D40」である


こいつは軽くて簡単でしかも良く写る

しかも安い!

という反則みたいなカメラで
当時一眼レフ欲しいけど買えないという人が
ほとんど唯一手が出るカメラとして人気になり

おそらく冗談でなく
キヤノンに取り込む筈の客が
ごっそりニコンに流れた予想

(正確にはD40は1年以上前に出てて異常に安くなってたので)


そこでキヤノン黙っちゃいない

おそらく
D40(すなわちニコン)や
他社の低価格路線に対抗するというだけの為に
急遽製作されたであろうカメラがある

それが

「EOS Kiss F」だ!




この「Kiss F」は
「低価格」と「軽量」を目指して作られた

同じ時期オリンパスが女性向けに
「軽量」や「コンパクト」な一眼レフ
というのをウリにし始めてて

先行してたキヤノンの一眼レフのEOSの
価格が高く重いのを嫌う人達
そこを取り込もうとしてたのがニコンやオリンパス

思いの他
それは強力だったので

その対抗機種として出兵したのが
孤軍奮闘「EOS Kiss F」である

先に結果だけ言っちゃうと
おそらく「Kiss F」は勝負にならなかった

・・・というより
同じキヤノンのx2の価格がこなれてきて
家電量販店では
価格がFと数千円しか違わないのに
カタログ上の性能はx2の方がある
という現象になり

中身は旧製品のデジタルXと
同じ部品を使ってると言われてる「Kiss F」を
ワザワザ買う必要はないと思われてしまった

まさに敵は味方に居た!のである

そのせいで
ニコンD40の対抗はキヤノンx2であり

安いニコンにするか
高いけど機能が多いキヤノンにするか

その様な状況になり

「Kiss F」は戦う事もない秘密兵器
シークレットというより
市場から・・いや現代では記憶からも消された

フーファイターになった

それが「EOS Kiss F」!


それは冗談としてw
「Kiss F」は実に素性が良いカメラだ

最近であまり言われなくなったが
いわゆる「高画素化の弊害」

家電量販店や通販やTVCMで

「何百万画素!1千万画素!」

と連呼してれば
「画素が多ければそれだけ強い!性能が良い!」
と思ってくれる消費者の為に
メーカーも解ってて高画素をウリにして商売をしてた


現在は
スマホやコンパクトカメラは
いまだにそういう売り方をしてるが

ミラーレスや一眼レフでは
無意味な高画素のウリはせず
相応の性能が出る範囲で2000万画素とか
「高画素だから無理をしてる」という事はなくなってるらしいが

この「Kiss F」が出た当時は
過度期と言っていいほど
高画素競争をしてた

まるで
排気量が大きいほど自動車はエライ!
大きい事は正義だ!
という経済成長に浮かれてる団塊世代

そこに
望まれていたのか
非嫡出子か
突然世に誕生してしまった「Kiss F」 

あっという間に
市場的に「いらない子」になってしまったのだが

1010万画素という
控えめというか古いセンサーなだけか
これと当時はまだ新しい機能だった
「ライブビュー」が付いてて

何だかんだで
「無理をしてない構成の必要十分の性能」
を持ったバランスが秀逸なカメラになっていたのだ

まるで
妾の子供が1番優秀だった
みたいな昼メロ展開


その上
人気は全く無かったので
はじめのうちはx2とさほど変わらない値段だったのに
どんどん価格は下がっていった

そうなると
私のように何時もお金が無い人や
↑上のような実は優秀な子なのを見抜ける人が
やっと購入した

そして「Kiss F」は市場から居なくなった


私が購入したのは2009年で
しかもドンキホーテで買った!

画像

画像


もちろん在庫処分で安くなってたからで
標準ズームレンズ「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」付き
いわゆるキットレンズセットで


39800円!!


めちゃんこ安く買った!


こう言っちゃなんだが
私はそれほど「デジタル一眼レフカメラ」というモノに
思い入れが無い

それは興味が無いというより
デジカメは「写真機」としては
画像データを作成する「モノ」という感覚だからだ

ここでマニア風ふかして
「フィルムカメラとデジカメとの乖離について」
という講釈をするキモカメヲタみたいな事はする気は無いが

デジ一眼は「必要十分」の性能さえあればOK!

そのうえで安ければ安い方がいい
実際この「Kiss F」はとても良いカメラで

ハッキリ言っちゃえば現在でも十分使える


だが
ワタクシ事だけど
「写真」を撮るのは「二眼レフカメラ」など
「中判」の「フィルムカメラ」に回帰しちゃったので

そういう意味での「Kiss F」の使い道が減ってしまった

その上最近では
ユーチューブにアップする「動画」を撮るので
ソニーの「NEX」を買ったので

持ち運びにはNEXは便利だし
動画を撮る機能が無い「Kiss F」は
ますます使う機会が減ってしまった

そして
今年の年末の大きな買い物という目的もあって
先日この「Kiss F」を売る事に決めたのだ





・・・さてここからが本題!w


「EOS Kiss F」を売ると決めたら
その準備をしなくてはならない

↑上の画像では箱が写っているが
普段は捨てないのだがこの箱は今は無い

なので普通なら
中古カメラ屋さんでは査定の「減額」の対象だ

何にしても
箱や付属品

・バッテリー
・充電器
・説明書
・ストラップ
・CD-ROM

などなど購入時に在った物は
全部揃っている方が高く売れる

これはゲームとかどんな中古でも同じ


今回の私の場合は
「箱だけ無くて他の付属品は全部ある」
という状態だった


次に大事なのは
当たり前だが売るカメラの「状態」だ

ピカピカなら高い
ボロボロなら安い

それだけの事

特にカメラは光学装置なので
レンズやミラーやファインダーが
汚れたり傷が付いてたら台無し

そういうのは
ブロアーやクリーニングティッシュで綺麗にしてあげればOK
カメラ清掃には綿棒が便利


カメラは大事に使ってあげれば
ピカピカに保てるけど
大事にしてあげるのと
使わないで死蔵して状態を保つのは違う

カメラは何にしても使ってあげるのが良い

モチロン飾って置く様なピカピカの方が高く売れるが
そんなのはカメラ爺の悪趣味

カメラは大事に酷使してあげれば良い
それで付いた傷なんかはしょうがない


そうそう
近年の「You Tube」の有名人
いわゆる「ユーチューバー」

そういう人達は
「カメラレビュー」と称する動画をよくアップするけど

カメラの事がそんなに好きじゃない
というか人気商売とアフィリエイトの為に
カメラを題材にしてるだけの人というのは

カメラの雑な扱い方ですぐに判りますねw


そういう意味の雑な扱いの傷は
中古カメラ屋さんの査定で減額になるでしょう



私の「EOS Kiss F」は
普通に使ってた経年感はあるが
ここ2年くらいはあまり出番がなかったので
綺麗に清掃したら

中古カメラで売ってるレベルなら

良品~並

くらいの状態だった
つまりその状態での査定になるだろうという予想

画像


一緒にバッテリーグリップと
中判の少し珍しいレンズも用意した

ちなみにキットレンズは売らずにとって置く
(後でその理由を話すw)


準備ができたら
次は「どこに売りに行くか?」である

まぁフィルムカメラでなく
デジモノなら秋葉原のソフマップなどでも買取できるのだが

今回は中野の「フジヤカメラ」さまにした


画像


画像は隣りのウナギ屋さんw


他に大きな買取の店といえば
新宿の「マップカメラ」さまもあるが
今回は「フジヤカメラ」さま

なぜか?

それは「付属品無しでも減額無し」だから!


今回は箱が無い
なので普通は減額だ

だがフジヤカメラは基本的に付属品は査定に関係が無い
必要なアクセサリーは対象だが
箱や中箱は無視してる

そして何より
ホームページでおおよその「買い取り」価格が調べられるから!


それはマップカメラでもできるけど
ぶっちゃけ今回はフジヤカメラの方が高かったのだw
(モチロンものによって違うでしょう)



フジヤカメラのホームページは→コチラ
(「ご売却価格を調べる」から)




だがこの様な
おおよその買取価格は
ホントより高く盛ってる場合が多く

実際に売りに行ったらスゲェ安い!
というのはよくある話

しかも今回は
人気も無いしかも古い「EOS Kiss F」である

そのホームページの価格を一応見たけど
信用せずに

「まぁ1万くらいで売れたらいいトコだな」

というなげやりな勢いで中野まで売りに行った



フジヤカメラには何度か行った事があるが
毎回「買い取りカウンターはどこだ?」と思ってたが

普通に1階のカウンターでやっている
販売と買取は同じカウンターだ
なんか効率悪くね?と余計なお世話で思う


「カメラ売りたいんですが」といえば
後は免許証など出して
用紙に住所などを書けば後は勝手にやってくれる

時間はそこそこかかる

ていうか中断して接客などもしてたりする・・オイッ!w



しばらくして呼ばれたら
用紙に買取の額面提示されて

それで良ければ終了


・・・で長くひっぱった今回の
キヤノンの一眼レフ「EOS Kiss F」を売った件の値段だ!

その価格・・・


画像

画像



17000円!!!


高過ぎね?wwww

結局ABという評価なので
ホームページに乗ってた価格と同じで偽り無しだったのだが
そもそもこの価格設定がおかしい

なぜか?

フジヤカメラでは「Kiss F」の中古を2万前後で売ってる

それの買取が17000円だと合わないw

普通は販売価格の4~6割くらいで買い取るのが妥当だと思う

何より不思議なのは
「Kiss x2」より高価買取なのだww


おそらく想像でしかないのだが

「Kiss F」は単純に数が少ない
なんでもそうだが中古は在庫抱えれば安くなる
そしてフジヤカメラのように大きな店では
査定の価格はコンピュータで管理してるのもあるのだろう

まぁ世の中に
どうしても「Kiss F」が欲しい!
という人が意外と居るのかもしれないが
それはたぶん無いだろうw

結局バッテリーグリップと中判レンズを合わせて・・

画像


3万円になった!

ヤッタネ!



そして
フジヤカメラで「カメラの買取」をしてうれしいのは
「買い取り価格の10%を次回の購入時に使える!」
というサービス

詳細は→コチラ

今回の場合なら
30400円なのでその10%

画像



3040円が次回の購入時に使えるってワケ!

期限は1ヶ月らしく
この用紙を持っていけばいいらしい





今回「EOS Kiss F」を売り
お金をゲットしたわけですが

なぜ売ったか?
その金は何に使うのか?

その理由は実は・・・


「EOS Kiss x5」を買う予定!!!


なのだww

つまり
一眼レフ動画をちゃんとやるつもりなので
動画取れない「Kiss F」を売り
そのお金で「x5」を買おうという作戦中

なので来週あたりに
またフジヤカメラに行って買うかもしれん
モチロン3040円の値引き使ってねw









まとめ:

そんなわけで長い日記でしたw





関連日記:

秋葉原駅周辺にある「中古カメラ屋さん」の件 →コチラ

新宿駅周辺にある「中古カメラ屋さん」の件→コチラ

中古フィルムカメラの買い方の件→コチラ





そのうち高く売る為というワケではないですがw
日頃のカメラのお手入れには
安価なクリーニングセットでも十分です

キング レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ PSCL50N 79583



KING カメラクリーニング用品 OAカメラクリーニング 5点セット 73058