Amazon「Kindle Paperwhite」の「ソフトウェアアップデート」のやり方の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もキンドルで遊んでみましょう
今回はAmazon「Kindle Paperwhite」の
「ソフトウェアアップデート」のやり方の件と
このファームウェアの更新によって
「読書の進捗状況」を非表示にする件



注:
今回の日記は2012年モデルの件ですが
やり方は2013年ニューモデルと同じです



さて
最近アマゾンが
TVのCMでガンガン推している
「Kindle Paperwhite」

少しウザめな人達が感想を言う内容で放送してるのは
先日発売された2013年モデル
いわゆる「ニューモデル」の広告で

前回の2012年モデルの時のような
ヒッソリと何気に発売するのではく
大々的というか本格的に攻勢をしかけてきてる

2012年モデルは
正規のキンドル日本版を心待ちにしてた人は大騒ぎだったが
一般の人は殆ど・・

電子書籍という存在は知ってるが
それはiPadなどタブレットで読めばいいのに
なぜワザワザ「Kindle」が必要なの?
なんて思ってる方が多くて

2012年の発売からニューモデルまでの間は
新しいモノや良いモノ好きな一部の人が
コッソリ買うような現状だったが


現在はCMの効果
それが良いか誇大なのかはさておき

・何か新しい端末が出てきたぞ!
・話題になってるから私も買おうかな?

と購入を思案してる人は結構多いようだ


ウザイCMでも宣伝文句の

「読んだら貴方も好きになる」

というのは結構当ってて
実際に使ってみる(読んでみる)とその良さが解る端末だ

それは
どちらかというと

・新しいガジェットが気になる人や
・今まで全く電子書籍もリアルの本にも興味が無い人

というよりは

・紙媒体の本が好きで電子書籍には否定的だった人

な人の方が
キンドルの良さが解りコロリとべた褒めする
という現象になっているw


2012年モデルを持ってる私も
「ニューモデルに買い換えたい!」とは全く思わないほど
「Kindle Paperwhite」は2012年モデルで
既に「完成してる」端末だと思うし

イメージ的には
アイフォン5が5Sになった!
くらいなカスタムしたモノだと思うが

今から買う人はモチロン
2012よりもっと良くなってる新しいニューモデルがいいだろう

画像



私は「Kindle Paperwhite」は
特に小説など文章(テキスト)を読む端末としては
ベストだと思ってるので不満はないのだが

買ってからすぐに
少しだけ気になってた問題がある

読書中の画面
本文の文字やコントラストや明るさなどなど
は読書専用端末として大変優れているのだが
それ故に
気になる点があった(逆に言えばココだけw)

画像


「読書の進捗状況」が表示してるのだ

コレは読んでいる本の

・本の位置No.(ページ)
・本を読み終えるまで

を表示する機能だ
1ページを読む時間を計算して
大まかな読書完了までの時間を出してくれる機能

一見便利そうだがこれが好かない


現在のCMでも言ってる

・デジタルのモノなのにそれを感じさせない
・本物の紙みたい!

と「アナログ」的な利点を強調してるが
なぜかココだけは

「デジタル端末的な便利な読書の仕方ができまっせ!」

と余計なお世話な機能が付いているのだ
それもなぜか本文より濃い太い字で目立つし

しかも困った事にこれが消せないのである


ただ
便利な面もモチロンあって
電車や休憩時間などに1時間だけ読むとかなら
この表示を目安にできるので
あっても良い便利な機能だろう

文庫本などを持って読んでいれば
残りのページ数は厚さの感触で解るし
自分のペースで残り時間も解るモノだが
電子書籍なのでそれができないので
この機能自体はアリと言えばアリ


それより問題は
本を読んでるという「没頭感」に
画面の端っこに
この表示が「在る」というのが邪魔なのだ

内容そのものより表示されてるのがジャマというカンジ


なので
この機能は使う人もいるだろうし在ってもいいんだが

とにかく「消せる」ようにはしてくれよ・・・

と購入時から常々思ってた



・・・が!どうやら
新しい「ソフトウェアアップデート」で
それができるようになった!

といううれしい情報があったので
さっそくシステムを更新してみよう!!



「Kindle Paperwhite」の「ソフトウェアアップデート」
カメラや電化製品では「ファームウェア」という言い方をするが
その更新のやり方はその様な家電を同じだ

基本的には「Kindle Paperwhite」のアップデートは
自動で行われてる事になってて
ご家庭のWi-fi(無線)を利用する事になってるのだが

手動でもできる!

というか
新しい「ソフトウェアアップデート」は
数日前に既にアマゾンで発表されてて
キンドルに自動で配信されるのを待てばいいが
ダウンロードできる状態なので

手っ取り早く
自分で手動で更新しちゃおう!

ってのが今回の件


まずその更新プログラムを
アマゾンからパソコンにダウンロードする!

どこからか?

とりあえずパソコンで
アマゾンにログインしてる前提で

ご自身の「My Kindle」を開いたら

Kindleサポート

Kindleソフトウェアアップデート

Kindle Paperwhiteを選択


そうするとダウンロードページが出るので

「Kindle Paperwhiteのソフトウェアアップデートをダウンロードする」から

現在(2013/11/20)なら

「ダウンロード バージョン5.3.9」(2012年モデル)

をクリックすればOK!!


このバージョンによって何が変わるかというと

・読書の進捗状況を非表示にできるようになりました(←今回の目的)
・PDFファイルのパフォーマンスが向上しました
・辞書の機能が改善されました

とのこと


そうそう大事な話ですが

必ず先にお使いの「Kindle Paperwhite」の
現在のバージョンを調べておきましょう

Kindleの画面の右上のボタンを押して
「設定」を押して開いて
もう一度右上のボタンを押して
「端末情報」を押します

画像


そうするとこの様にバージョンが見れます

この画面だと「バージョン5.3.8」なので
古いので更新するワケです

ちなみに
既に「バージョン5.3.9」の端末を
同じ「バージョン5.3.9」に更新しようとしても
それは更新できないようになるので
それでぶっ壊れたりはしないのでご安心をw


「バージョン5.3.9」のフォームウェアをダウンロードすると
「update_kindle_5.3.9.bin」という名のファイルができる
なんとその大きさが

163MBもある!ww



これを次に
「Kindle Paperwhite」の中に入れる

これはクラウドとかWi-fiではなく
USBケーブルつないで直接入れる

自炊のファイルなどを入れる時と同じく
USBケーブルでつないだら
ピョコンと表示するトコ直接入れるだけでOK!

ファイルを入れる場所は
自炊テキストとかを入れるフォルダではなく
階層でいうと一番上のトコ

画像


ここにそのまま入れるだけでOK!

この画面が出ない場合は
「マイコンピュータ」に「Kindle」というドライブがあるから
そこを開けばOk


「update_kindle_5.3.9.bin」をキンドルに入れたら
こんどはキンドルで操作

先程の「端末情報」を開いた場所に

画像


「Kindleのアップデートを行う」

という項目があるのでそこをポチッ!

あとは勝手にやってくれる


ちなみに何かが間違ってたり
更新する必要が無い場合には
この項目はグレーのままで選択できない


大体5~10分くらいか待ってれば
勝手にやってくれるんだけど
この手のファームウェア更新の鉄則で

電源は絶対に切るな!

というのは基本なので
とにかく放置しておこう!


画像


~アップデート中~


しばらく待ってれば再起動して
普通に電源が入ってもう使えるようになってる


一応ちゃんと更新できたか確認

画像


おお!「バージョン5.3.9」になってるよ!


それじゃ本題の
「読書の進捗状況を非表示にできるようになりました」
を試してみよう!

残り時間のトコをポンポンとタップすると・・・

画像


わーい!消えたヤッタネ!

これで画面上は
本の内容の文字だけになり
スッキリとしました!

画像


う~む気分良くて読書が捗るぜ~w





Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon
2013-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kindle Paperwhite(ニューモデル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー(Kindle Paperwhite専用)