ハードル上げまくりの納豆「いいなっトウッ」の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝も料理してみましょう
今回は自らハードル上げまくりの納豆
竹之下フーズ「いいなっトウッ」の件




最近はもうネタ化してるが

雑誌のうまいラーメン屋!とかの特集や
有名店プロデュースのカップ麺などで
店主が必ずするポーズがある

大体は
タオルで頭を巻き
黒いTシャツに白で店名
前掛けをした店主が

体を斜め20度くらいして
少し見下ろす目線で
腕を組んでいるポーズ

おそらく色んな雑誌やカップ麺で見た事あるであろう
そのポーズ


既に世の中ではネタ化してるのに
店主はドヤ顔してて笑っちゃうw

・・・と思うが
なぜ一向にそのポーズは減らないのか?
店主や周りの人が
そのオカシサにいまだに気づいてないのか?
それもあるだろうが

現実には

そういうポーズを好む消費者層がある

というのがリアルな理由だろう


ラーメン屋や居酒屋やイタリアンやパティシエ
これ等でそのポーズをする人が多い

殆どは雑誌の担当やカメラマンの指示で
人の良い店主がほだされてそのポーズをしてるだけだが

この人を威圧するかの様なポーズは
そのパワーそのものに意味があるようなモノで

その効果は
人を上から目線で見下ろしている事で

・自信の表れであり
・それはつまり味が良いという自信であり
・なのでこの店は美味しいお店だ!

・・・っと思ってしまう
「主体性の無い流されやすい消費者」
その方々向けの為のポーズなのだ


人は基本的に「強い言葉」に弱いもので
それは良し悪しがあれど
「ハッタリ」というのは必要なものだ

自らを鼓舞する為に虚勢のハッタリを言うのも
他者からの強い言葉をはねのけるには必要だし
逆に
他人を陥れるのにもハッタリは有効だ


人気店の店主の腕組みポーズは
まさにハッタリの権化みたいなモンで

普通の感覚の客なら拒否感が起こるそのポーズを
それでも自信あるんだ!
と虚勢を張る事で
それを良しとする一部の従順な消費者を呼び込み

結果として商売としてお金が儲かるのだ





それはそうと

私は納豆が好きという事になってて
体の20%は納豆でできてるのだが

そんなワケで納豆をもらった



画像



「過激にうまい!いいなっトウッ!」


トウッである

最後がトウッ!なのだ

勢いがある
ナットウではなくトウッだけカタカナ

CMはラップにして
最後のトウッのとこで韻を踏んだ歌詞にしたいくらい



それにしても
このパッケージの文字数とその文言
なかなかスゴイ
(↓クリックで拡大します)


画像



言いたい事を全てぶち込んだようで

本気造り味わい!!
の「本気」はたぶん「マジ」と読む


右側には
「そのまま食べても深い味わいが楽しめるほどの納豆の醍醐味」
とある
納豆はそもそもそのまま食べた方が良いのは当然だが
これは今時の納豆の「臭く」無い味気なさへの事か

そして最後の

「引き出してしまった!!」

が少し面白い

いや「しまった」じゃなくお前等が引き出したんだろw
と素のツッコミを入れたくなるw


そしてこのパッケージの最大の煽りは
なんと言っても


「過激にうまい!」


ココである

うまいだけじゃない
過激にうまいのである
ローマ字にしたら

KA・GE・KI


なかなかのハードルの上げ方だ
はじめこのパッケージを見た時は
多少「おっ?ナメてんお?」
と思ったけど

ここまで自らハードルを上げるのは
そう簡単ではないだろう


・・だが
これでは美味くないとどうしようもない
そもそも私は納豆は何でもうまく食えるので

ありがちなサブカル納豆評論家みたいに
うんちくを語るほど恥知らずでないのだが

ここまでハードルをあげられちゃあ
黙ってられない



という事でさっそく食ってやる!
パカッ!

画像


この手の少し高めの納豆にしては珍しく
カラシは入ってない

カラシだけか
もしくはタレとカラシ
ではなく
タレだけというのは意外

タレが2つで
このパッケージは納豆が150グラムなので
普通の納豆の3個分だ


納豆における「タレ問題」というのは
近年常に話題になる問題だ

「結局納豆のうまさってタレじゃね?」

という本末転倒というか納豆のアイデンティティー崩壊の指摘
これはあながち笑える話ではなく
意外とタレはもう有りきの近年

安い納豆に高い納豆のタレをかけると
実はそんなに変わらない

という現象がある




フィルムを引くと・・・


画像



私はこの時点で悟った・・
こいつ(納豆)はうまい!

ハードル上げすぎの「いいなっトウッ」
お前がどんなモンか食ってやろうじゃないの!
ナメた事言ってると玉子入れてかき混ぜっぞ!!

という勢いだったが
糸の強い引き
良い意味で臭いにおい
それでうまいと判った

そうとなったら後は食うだけ


タレは昆布ダレという事だが
味見してないのでどんなのかわからんので
1パック150グラムにタレ1個だけを使った
カラシはモチロンいれた

混ぜ混ぜしたら
ご飯にオン!

俺のご飯に納豆オン!!

画像


ウホー!うまそうwww



ていうかうまい!
納豆らしい納豆で素直なうまさ

タレは少し美味すぎるタレなので
ある意味ジャマかもしれない
甘い系のタレだ

いわゆる納豆本来の・・という場合は
何もかけないか普通の醤油で十分

画像


という事で

ごちそうさま!




メーカーは
「竹之下フーズ」という宮崎県の会社らしい
ところてんやこんにゃくなどもあるみたい
そっちの方では有名な会社なのかな?

お取り寄せ(通販)もできるメーカーのホームページは→コチラ





うまい棒 なっとう味 (1袋は30本入り)

うまい棒 なっとう味 (1袋は30本入り)
やおきん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うまい棒 なっとう味 (1袋は30本入り) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


納豆合戦

納豆合戦
2012-09-13
菊池 寛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 納豆合戦 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル