リニアPCMレコーダーで「録り鉄」ごっこをしてみた件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝も録音で遊んでみましょう
今回はリニアPCMレコーダーの
TASCAM「DR-100 mk2」を使って
外房線で「録り鉄」ごっこをしてみた件



先に2つほど注意点!


「録音」の趣味ははじめたばかりなので
ただテキトーに「レコーダー任せ」で録ってきただけです

「鉄道」の趣味は無いので
マニアの人が求めてる内容(音)かは知りません
あくまでごっこ遊びです






先日
外房線の電車に乗って
九十九里浜を目指していたら


画像


何か「音」が気になった


いわゆる
「フィールドレコーディング」とか「生録」
という趣味を始めると

写真の趣味を始めると
「街の景色をよく見るようになる」
と言われるのと同じで

街中のあらゆる「音」に興味が出てくる

順番的には
「音」が気になるから
その趣味をはじめたのか?その逆なのか?
・・というどっちが先か論になるけど

リニアPCMレコーダーを持ち歩くようになると
カメラで撮る「被写体」を探すように
音の発生源が気になってくるモノだ


外房線の電車の中でシートに座ってると
走行音と供に車両がユッサユッサ揺れるのに合わせて金属が

ガッ・チャ・ガッ・チャ

と擦れている音が気になったのだ


画像


↑その時私が座ってた目線


たぶん電車の車両のつなぎ目の
ドアの下の足場のプレート(?)が鳴っているようだった

それかもしかしたら
ちょうどトイレ(?)がある車両だったので
そこのドアとかかな?

・・なんて想像した


いずれにしても
平日の午前中だったので
ちょうど他には誰も乗客が居なかったし

録音してみた!



最近
録音関係の事を調べると出てくる
いわゆる「録り鉄」や「音鉄」
と呼ばれる方々が居るのは知ってたし

むしろ
大昔から「デンスケ」とかで生録するのは
野鳥やスーパーカー(古いw)などの他に

蒸気機関車や電車の走行音を録りたい鉄道オタク
というイメージは少なからずあったので

せっかくなので私も
ちょっと「録り鉄」ごっこをしてみようとオモタ



どうやら「録り鉄」にも色々あるらしく
単純に電車内・外から
「走行音」を録音したりするだけでなく

何とかインバーターとかの
「モーター音」を禄りたい人や

車掌などが喋ってるアナウンスや
「音声案内」などを禄る人も居るようだ


以前なんかで見たのは
アニメの舞台になっている街のモノレールが
そのアニメのキャラにラッピングされて
「次の駅は~」などの音声案内が
そのアニメの声優バージョンになったので

・アニメヲタ
・鉄道ヲタ
・声優ヲタ
・録音ヲタ

のいずれかかその兼ヲタの人達が
レコーダー片手に大挙して押し寄せ
そして案の定一般人とトラブルになった

なんていかにもな問題もあったらしいw



現在は以前と違って
会議録音や語学勉強に使う
いわゆる「ICレコーダー」ではなく

CD音源よりも高音質で録れるような
「リニアPCMレコーダー」が
とても安く売っているので

「録音の趣味」というより
アニメや電車ヲタがその趣味で使用する為に
新しくレコーダーを購入する人が多いようだ


そんな時に悩むのは
レコーダーにも色々あって

・どれが良い奴か?
・高ければ高いほど良いのか?
・安いのはダメなのか?
・値段によって音の善し悪しある?

・・・なんて機種選びに悩んじゃうトコだ

だが現在は
意外と悩む必要はなくて

「性能が良いリニアPCMレコーダーでしかも低価格で!」

なんて場合には
もう定番の商品がある

TASCAMの「DR-05」だ

これですね


はじめてでよくわかんないなら
悩む前にコレ買っておけばOK!ってレベル

モチロン24bit/96kHz録音対応だし
一眼レフ動画の「外付けマイク」としても現在人気だ

しかも値段が8千円前後なので
試してみたいってダケでも
それほどバクチな投資じゃないだろう


録り鉄の人達の中には
内蔵マイクだけでなく
PCMレコーダーに
いわゆる「バイノーラルマイク」を付けて
電車の車内の走行音や乗客の様子を
臨場感たっぷりで録る人がいるようだ

安いバイノーラルマイクで定番の
Roland CS-10EMは→これですね





さて
今日の本題だけど
私が使ってるリニアPCMレコーダーは

画像



TASCAMの「DR-100 mk2」

少し高いけど
シッカリしたボディで拡張性があり
相応のマイクが内蔵してる製品だ


この
TASCAM「DR-100 mk2」を使用して
外房線の走行音を一駅ぶんだけ録音してきた

千葉県の「八積駅」から「上総一ノ宮」の間5分くらい


録音時は特に三脚などには固定せず
車両のシートにポンと

画像


こんなカンジで
ソフトケースからマイクだけ出した状態で録音しました

つまりホントにレコーダー任せです


録音は24bit/96kHzでしましたが
動画のエンコード時に「LPCM1536Kbps」で出力しましたので
当然音質は劣化しています

そしてYouTubeのアップロード時の変換で
更に劣化してます






↑上に表示再生しない場合は→コチラ



私的聞き所

1:35 対向車両にビビルw
4:45 ポイントと呼ぶのか分岐でガチャガチャしてる



まとめ:

なんにしてもユーチューブで
リニアPCMの高音質そのままをアップするのは不可能なので
(アップはできるが内部で最エンコされる)
やはり「録音」の趣味は
自分だけで独りニヤニヤ聴いて楽しむ趣味のようですw

現在
ユーチューブなどで
「人に聞かせる為」にリニアPCMを使用する利点は

高音質で録っておけば編集の時に「余裕」があるのと
高い機種なら「ノイズ」が少ない

・・という点です

一般的な使いどころとしては
一眼レフ動画とかでカメラの外付けにすれば
直接適切な高音質の音声の動画が撮れるでしょう

写真の「撮り鉄」
動画の「撮り鉄」
録音の「録り鉄」

それを一度にできるので
鉄の人はカメラは持ってる方が多いでしょうが
リニアPCMレコーダーが1台あれば趣味が広がるでしょうね




TASCAM リニアPCMレコーダー 24bit/96kHz対応 ブラック DR-100MK2

TASCAM リニアPCMレコーダー 24bit/96kHz対応 ブラック DR-100MK2
ティアック
2011-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TASCAM リニアPCMレコーダー 24bit/96kHz対応 ブラック DR-100MK2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


手軽に録音するならコレでも十分な性能があります
TASCAM リニアPCMレコーダー ブラック DR-05

TASCAM リニアPCMレコーダー ブラック DR-05
ティアック
2010-03-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TASCAM リニアPCMレコーダー ブラック DR-05 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル