スーパーカブにデイトナのUSB電源「アルミ削り出し電源ユニット」を装着した件

コンバンワたま男です
今晩もバイクで遊んでみましょう
今回はスーパーカブにデイトナのUSB電源
「アルミ削り出し電源ユニットUSBタイプ」を装着した件



開封と装着の動画もあるでよ!
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!




先に
今回の日記でできる事は?


バイク・・今回は「スーパーカブ」で
スマホやカーナビを使う時にバッテリーを充電しながら使用したり
色んなUSB機器の電源を確保する為

画像

画像


キー連動でON/OFFできるUSB電源を付ける件
のその開封と装着の仕方です



近年
バイクが人気!という事になってるので
初心者ライダーやリターンライダーという出戻りのオッサンが増えている

なので事故も増えているらしい

その原因というワケでもないだろうけど
最近のそんなライダー達はバイクにゴチャゴチャと
色んな電化製品を付けたがる

「そんなに快適便利にしたいなら自動車に乗ってればいいんじゃね?」

と言っちゃいけないフンイキ(いや私は言うけどw)

まるでネトゲーの「アバター」をカスタマイズする様に
バイクに改造・・というより「装飾」をしていって
バイクをいじるのが目的になってしまい

結果ゴテゴテした下品なヲタクバイクに仕上がるのはよくある話


というワケで
そのバイク用電化製品を支える機器とも言える

USB電源!

をスーパーカブに付けてみよう!

・・と何か矛盾した前置きをしたところでw



今回のポイントは3つ!

1:どのUSB電源にするか?の製品選び
2:カブのどこにどの様に設置するか?
3:カブのどこから電気を取るか(繋げるか)?

この3つを順番通りに見ていこう!
特に3番の
電気をどこから取るか?配線は?バッテリー直はダメ?
というのは気になる人が多い予感だ




まず1番

・製品選びから

画像


私はデイトナの「アルミ削り出し電源ユニット USBタイプ」にした

結果的にコレを購入して実際半年使用して(つまり買ったのは去年w)
大正解だったので今回の日記をやってるワケ


デイトナの製品ページは→コチラ


現在というか以前からバイク用電源ユニットはたくさん出てる
ほんの数年前までは殆どが「シガーソケット」タイプだったが
今ははじめから「USB端子」のもある

シガーソケットにUSBソケットをぶっ挿せばモチロンUSBでも使えるので
シガーソケットの方がよくね?という意見や
両方使えるタイプもあるが(ニューイング DCステーション等)

USBしか使わないと解っていれば
USBタイプを選んだ方がスッキリしてていいだろう

特にハンドル周りに装着する場合
増設電源はわりとジャマ

それとシガーソケットは基本12Vだし
今回のデイトナの製品のUSBタイプの場合は
「ヒューズ」がボディに内蔵してあるので
ある程度は安心だ



そして
気になる人は気になる
気にならない人は気にならない
という話でしかないのだけど

せっかくバイクに付けるのだから
ある程度は質感や見た目も欲しいトコ

多くのバイク用電源は

・プラスチックのボディ
・ゴムのキャップ

というのが殆どだ
防水機能や剛性はそれで十分なんだろうけど
やはりなんかヤボったい

今回のデイトナの製品は名前の通り
「アルミ削り出し」なのでその点はとても良いカンジだ

画像


まぁ・・LEDの懐中電灯(マグライト等)みたいじゃね?と言っちゃそれまでww


そして「キャップ」(フタ)もアルミなのが
私が地味に1番気に入ったところ

このフタがとてもシッカリしてて精度がでてる

USB電源は使わない時は防水の為にキャップをしておくモノだが
殆どの製品はゴムキャップだ
それでも十分だろうが

このデイトナのはアルミのキャップでしっかりしめられる
しめた後は一体になりとてもスッキリした見た目

画像


ただしこのキャップはその見た目や精度のせいで
ねじ込み式なので
それが少しメンドウかもしれない
(装着の様子は↓下の動画から)


そしてこのデイトナの製品の
他のUSB電源にはあまり無い1番の特徴は

「メインスイッチ」がある点

これは結構重要で
電源単体でON・OFFできるスイッチがある製品は
実はあまり無い

その利点は↓の後のお話で・・・




次は2番の

・カブにどの様にどこに装着するか?という問い


バイク用の電源ユニットは殆どの場合

「パイプハンドル」か「フレーム」に付ける様にできてる

カーナビやスマホを使う場合
殆どの場合はハンドルにホルダー等で使うので
電源もその近くに設置するか

目立たない様に
特にパイプフレームのバイクの場合は
フレームに付ける人が多い

だがスーパーカブの場合問題が起きる

・カブってパイプハンドルじゃないじゃん!
・ドコに付けるんだよ!
・つうかスマホホルダーも付かないじゃん!

という問題


・・・まぁこれは先日このブログで
「ミノウラのスマホホルダー装着の件」を
既にやってあるので

画像


その日記は→スーパーカブにスマホホルダー「ミノウラ iH-200-S」を装着した件

詳細はソチラにするとして
パイプが無いなら付ければいいだけw

その増設したパイプホルダーにUSB電源を付ければ
それでもう設置はできる!


・・・のだが
これは完全に好みの話だが
そこに設置するとハンドル周りがスゲェ邪魔!!

特にケーブルがゴチャゴチャして煩わしい!

なので私はそこには付けず
カブのレッグシールドに付けることにした

もう↑上にあるる写真の通りで
レッグシールドのキー下あたりに付ければ
目立たないしスッキリする

ポイント

↓下の動画にもあるがレッグシールドとフレームを固定するボルト
そこを利用した方がもっとシンプルになるが

そのボルトと電源付属のボルトは合わないので
そのままでは装着できない
(付属のボルトはM8サイズ)

ホームセンター等で合うボルトを買ってもよかったが
私はドリルでシールドに穴を開け
裏にナットで固定した

ケーブルの処理は

・どうせならケーブルもシールドに穴を開けて通しちゃえばよくね?

と思われるかもしれないけど
それをするとメンテの時などに
すごくメンドクサイ事になる(想像してみよう!)

なので私はシールドの上の方に
ケーブルに合う「溝」をドリルで作って通した

画像


これは仕上がりに地味に効いてくるのでオススメの処理


今回のデイトナの電源には
付属品がたくさんあり
設置法も色々選べます

・ボルト
・パイプ
・結束バンド
・両面テープ

などで設置できるので
殆どのバイクには対応できるでしょう

他の製品と違って
先に土台となる「基部」をバイクに装着してから
本体を装着するので

基部さえシッカリ設置できれば大丈夫です





次に3番の

・カブのどこから電気を取るか(繋げるか)?


・・なのだが実はコレが今回1番やりなくない件だw

それは何より
ネットで「自己責任」をどこまで他者に求めるか?
という話だし

もっと言えば昔も今も居る
「ナイーブで潔癖症のバイクマニア」の意見が煩わしいからだw


つまりここからは自己責任でね!


バイクから電気を取る場合色んな方法がある
それは車種によっても色んな情報がネットにはあるので

今回のこの日記に限らず
自分にベストな方法をネットで検索して
自分で決めるのが良い

なんたって自分のバイクなんだからね!


「スーパーカブ」で何かを装着するさいに電源をとる場合
よくある方法は

・ホーン
・ヘッドライト内の+
・ウインカーリレー

にケーブルを割り込ませて電気を引く方法があり
それなら「キー連動」で電気をオンオフできる

1番簡単な方法は

・バッテリーに直接つないで電気を取る

という方法だ
これが1番簡単でバイクの配線を弄らないので
ある意味健全

ただしバッテリー直略して「バッ直」はバッテリー上がりをしたりするので
セルスターターのバイクだとメンドウな事になるので
ある程度バイクを弄れる人はやらない方法だ


それでもやはりバイクの配線はいじりたくない!
バッテリー直で付けたい!
だけどそれでもいいか心配

つうか初心者だから無理ぽ・・・

という場合
今回のデイトナの製品は便利だ
なぜかというと

画像


「メインスイッチ」と「電源ランプ」が在るから!

他のUSB電源にはランプは点くのはあるけど
スイッチが付いてるのはあまり無い

これが何を意味するかというと
いざ自分で装着しようとした時
「キー連動にしようと思ってたけど自分には難しいや・・やっぱりバッッテー直にしておこう」
となった時に効いてくる

カブの場合はバッテリー切れなんて余り気にする必要は無いから
バッ直でバッテリーが上がってもそんなに問題ない
ていうかUSBの待機電力でバッテリーが上がるなんて事は普通は無い

だがキーオフでも電気がな流れてるのは
気分はあまりよくない

なので普通はキー連動で装着するものなんだけど
それが無理な場合
このデイトナのように「メインスイッチ」があると便利ってワケ



ちなみに今回の日記は
あくまでカブの「C50」(キャブレターのカブ)でお話しています

今時の「インジェクション(FI)」のカブは知りません

どうやら今のクロスカブや110カブ等には
グリップヒーター等のアクセサリーの電源を取る為の
アクセサリー用端子がはじめからあるそうで

そこの+から電気をとればいいだけのようです
なのでそれの繋げ方などは他をあたってください
(他のバイクの平型ヒューズからとる方法も同様)




ではカナリ詳細を端折って
私のカブに今回のデイトナの電源をどうやって付けたか?


画像


私は
マイナスはバッテリーのマイナス
プラスは「リレー」のプラスから取りました

割り込ませるのには付属の「エレクトロタップ」を使用しました

エレクトロタップとは
簡単に配線を「割り込ませる」製品です

工具はペンチ一つででき
電工ペンチやハンダこてなどを使用せず
今回の様な製品を装着できます
 

マイナスはどこでもいいのですが一応バッテリーから
プラスはリレーのプラスから

取る「場所」自体は結構普通の方法です



・・・ですがここで少しメンドクサイ話があります
そしてそれが今回あまりやりたくない話なんですが・・


近年というか以前からなんですが
「エレクトロタップ」というモノに

過剰に「潔癖症なバイクヲタ」が多過ぎる気がします

モチロン「エレクトロタップ」の良し悪しはあります
ですが

車やバイクの配線で
エレクトロタップを自分で納得して使えばこれほど簡単便利なモノはありません


バイクヲタ・マニアというのは
元々のアスペ資質というか
あまりに潔癖症な人が昔から多い界隈です

エレクトロタップを使うだけで

・メンテがなってない!
・初心者か!
・ギボシを使え!ギボシを!

と発狂する人多数です


ぶっちゃけ個人の趣味なので
どこまでこだわるかなんてのは好き好きです

バイクショップもそのスタンス(客層や格)によって違います

たかがエレクトロタップごときの1つのエレメントで
他者を判断するのはナンセンス過ぎます


なので
USB電源をバイクに装着する場合
その配線方法は個人で好きに

「ギボシ端子」に加工してもいいし
「エレクトロタップ」で簡単に付けてもいいし

自分で好きに決めましょう!

ちなみにエレクトロタップで半年使っていますが
何も問題は起きていません


ちなみに今回私がワザと「エレクトロタップ」で繋いだのは
今回の日記でナイーブなバイクヲタをdisる為にやりたかったらなのはナイショw




ウインカーリレーの「プラス」から取る場合
私のカブでは「黒」のケーブルでしたが
それは年式によって変わるかもしれず絶対ではないので

テスター等で確認した方が良いでしょう


画像


リレーに挿さってるソケットを抜いてここにぶっ挿せばわかります



バッテリー周りで配線をする場合
バッテリーの「土台部分」もゴッソリ外してからの方がやりやすいでしょう

ケーブルはフレームに結束バンドで固定して
エアクリーナーBOXの上を通していくとスッキリします
(↓下の動画にあります)





そんなワケで
スーパーカブにUSB電源の装着完成!!

後はそれを使用して
スマホやカーナビを使ってお出かでしよう!

ただ注意点
私のブログでは何度か言ってますが

スマホなどこの様な電気機器をバイクに装着するのは
特に初心者には私はオススメしてません!

特にハンドル周りの視界に入るトコにディスプレーがある場合は
ピントがそこに取られたり

現在流行ってる
ヘルメットにB+COM等のBluetoothインカムを付けて
ツイキャスやモトブログでお喋りしたり
音楽を聴きながら走行する

というのはたいへん危険なので
それをオススメする気はありません


「つうかバイクに乗る時にそんなの求めて乗ってるの?」


・・と余計な事を言って今回はコンナカンジでw





YouTubeに今回の日記の動画をアップしました!





↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ





関連日記:

スーパーカブにスマホホルダー「ミノウラ iH-200-S」を装着した件→コチラ
スーパーカブのリヤサスペンションをSP武川製に交換した件→コチラ
スーパーカブC50のバッテリーを激安YT4L-BS互換品に交換した件→コチラ
他スーパーカブ関連日記は→コチラ






デイトナ(DAYTONA) アルミ削り出し電源ユニット 【USBタイプ】 77628

デイトナ(DAYTONA) アルミ削り出し電源ユニット 【USBタイプ】 77628
デイトナ(DAYTONA)
2013-06-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デイトナ(DAYTONA) アルミ削り出し電源ユニット 【USBタイプ】 77628 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ギボシ端子等配線をしたいならこの程度で十分です
エーモン E2 ターミナルセット 中

エーモン E2 ターミナルセット 中
エーモン工業(amonkogyo)
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エーモン E2 ターミナルセット 中 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



楽天市場をご利用の方はコチラから

DAYTONA デイトナ【汎用】アルミ削り出し電源ソケット USBタイプ
GooBikeParts楽天市場支店
●メーカー品番:77628●適合付帯条件:12V専用●タイプ:USBタイプ●特徴:■アルミ削り出しボ


楽天市場 by DAYTONA デイトナ【汎用】アルミ削り出し電源ソケット USBタイプ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル