NEXやα7で使用できる激安「NP-FW50」互換予備バッテリーを買ってみた件

コンバンワたま男です
今回はソニーの「NEX」や「α7」などで使用できる
激安「NP-FW50」互換予備バッテリーを買ってみたのでその開封と使用感の件



デジタル一眼レフカメラが
もう普通の「電化製品」として認知されきっていた2010年頃

世の中「デジタル」が普通になってた時期に

昔ながらのカメラヲタクや
カメラを「ガジェット」と呼び始めたニューカマーを

ある種「困惑」させるカメラが発売された

それがソニーのNEX


カメラという「写真機」に対する
カメラヲタクの脳内にある固定観念
デジタルネイティブにある表層的イメージ

その認識・許容できるボーダーを
越えちゃってしかもズラしてデザインされたカメラ

それがNEXだったので

デジタルカメラにおける「不気味の谷」なくらい

困惑の裏返しの防御心理が働いて
カメラ界隈はマニアや新参が入り乱れた
賛否両論合戦が繰りひろがれた


ちょうど「ミラーレスカメラ」や
今は誰も使わない「ネオ一眼」
そして「女流一眼」なる

広告の為の「新しいキーワード」の創造合戦もあって

結局ミラーレスで落ち着くわけだが
今から見れば滑稽でしかないが

特に昔ながらに生きる臭い「カメラマニア」と
そのマニアを受け継ぐ属性のある臭い「にわかカメヲタ」が

「光学ファインダーが無いカメラなんぞ認めん!」

という
いかにもカメラは「一眼レフ」しか無いと思ってる
にわか丸出しのカメラ人の反発が大きかった

(余談:男ならスポーツファインダーだ!w)


それはソニーが想定してた戦略の通りの反応でしかなく
それくらいの反発があるくらい極端なシフトを行ったおかげで

現在ではまさか
ミラーレスはカメラじゃない!
ととんちんかんな事を言う人は絶滅したし

日本では売れているカメラはミラーレスが殆どだ


面白い事に日本以外では
ミラーレスはそれほど重要視されてないらしい
簡単に言えば売れてないらしい

これは想像でしかないけど

小さい普通のコンパクトデジタルカメラ
それ以上の高性能のカメラ買い求める「層」というのは

日本より海外の方が
より濃いカメラ・写真好きなようだ

つまり日本だと
趣味はカメラです(キリッ!
と断言するくらいの人じゃないと
海外では高いカメラは買わない

だがそういう層の人が高いカメラ買うとなると
一眼レフカメラに行ってしまいミラーレスには行かない

そんな理由がある印象だ


じゃあ日本は海外よりカメラ・写真な好きな人が少ないの?
という話になるけどそんな事は無くて
むしろ逆で

日本の場合はカメラや写真はみんなもっと「身近」なモノで
「まんべんなく普通に好きな人」というのが多い

だからミラーレスを試してみようという人や
撮影やキブンによってカメラを選べる「余裕」があるのだろう

(ちなみにそういう余裕が無い人達をマニアと呼ぶw)


まぁ何にしても日本は豊かなんだよ
豊かなのに貧困だ!何だと騒いでて諸外国に失笑されるくらいは豊か

しかもデフレ!




・・・というワケで長い前置きはこれくらいにして
ここからが今日の本題ですw


私が現在使ってるデジタルカメラは

画像


ソニーのNEXーC3

NEXシリーズは後ろについてる数字で
そのグレードが分かれてて

・3が付いてるのは
初心者向けのいわゆるエントリーモデルで

・5がスタンダード

・7がハイアマチュアで高級機
・6が7の廉価版

という分け方だ
現行だと「NEX」の名は外れて

α6000など「α」(アルファ)で統一表示されるようになった


余談だけど「アルファ」と聞くと
昔のキヤノンとミノルタの熾烈な
AF一眼レフカメラ発売合戦を思い出す奴はオッサン!m9w

余談の余談だけど
「昔からキヤノンvsニコンの2巨頭構図があった」
という言う人を見ると

ミノルタdisってんの?ニコンなんて当時泣きそうだったろw

と言いたくなるけどそれはモメるのでここだけのナイショw



カメラは個々が好きに
デザインが気に入ったモノ必要な性能があるものを
自分で選択して買えばいいだけの話で

私の場合は現在
「写真」を撮るのは「フィルムカメラ」で遊んでるので
いわゆるデジカメに必要な性能は

ブログにアップする「画像」用
ユーチューブにアップする「動画」用

だけなので
当時1番安かった中古の「NEX-C3」を買った

その値段2万円!w


なのでこのブログやYouTubeは
殆どこのNEXで撮影してたのだけど

撮影する度というか
購入した当初からすぐに気付いた問題があった


バッテリーもたな過ぎ!


という問題

ミラーレスは光学ファインダーが無いので
背面液晶ですべて確認操作する
ボディは小さいのでおのずとバッテリーも小さくなる
なのにセンサーはAPS-Cサイズ

なのでバッテリーはもたないだろうとは思ってたが
これほどすぐ減るとは想像をこえた

中古なのでそのせいかもしれないとおもいきや
口コミ等でも同等な稼働時間(撮影枚数)なので

やはり無茶なカメラのNEXはこういうとこに影響出るのか~

と納得する事にして
しばらく使ってたが

いいかげん不便なので
アマゾンで予備バッテリーを買ってみた!



NEXに使える純正バッテリーの型番は

「NP-FW50」

よくある話で
バッテリーはすぐに型番が変わり
カメラ毎に違うバッテリーを買うハメになる

・・・と思いきや
むしろソニーのクセに!ってくらい驚いたのは

この「NP-FW50」が使えるカメラを調べたら
殆どのソニーのカメラに使える!


具体的には

NEXシリーズなら

NEX-3/NEX-3N/NEX-C3/NEX-F3
NEX-5/ NEX-5N/NEX-5R/NEX-5T NEX-6
NEX-7

現行のシリーズなら

α6000(ILCE-6000)
α5100(ILCE-5100)/α5000(ILCE-5000)

フルサイズなら

α7(ILCE-7)/α7R(ILCE-7R)/α7S(ILCE-7S)

一眼カメラなら

α33/α37/α55

その他

DSC-RX10
レンズスタイルカメラ QX1(ILCE-QX1)


・・とバッテリーをすぐ新型にして
バッテリーを買わせようとするのが当たり前になってるカメラ業界で
ソニーは珍しく同じバッテリーで対応するカメラを出し続けてる

これならカメラの買い替えなどもしやすくなるし
ずっとソニー製のカメラを買ってく人もいるだろう


なので予備バッテリーをたくさん買っても安心!





・・ただし俺は社外品の激安互換バッテリーを買うぜ!

俺には金が無い!デフレ万歳!


・・まさに外道!www



というワケで
純正バッテリーは高いので激安の互換品を買いましたw

純正の型番は「NP-FW50」なので

アマゾン等で買う時は「NP-FW50互換品」というのを買えば良い


私が買ったのはコレだ

画像


(つまり↓下を注文して↑上が来た)




リチウムイオンバッテリー SONY NP-FW50互換バッテリー SLT-A55VY対応 残量表示付


先に注意点だけど
↑上の写真だとなんか2個っぽいけどこれは1個だからね

(・・・いや私が勘違いして飛びついたなんて事は無いよ!w)


値段は1280円くらい!と安いw


アマゾンで「NP-FW50」の互換品を検索すると
大体980~1480円くらいが相場か?

2個セットならおのずと1個あたりが安くなるってカンジ


Amazonで「NP-FW50」で検索→コチラ




中を見てみよう!

画像


パカッ!

左が純正右か互換品

何も書いてないw


「NP-FW50」の容量は

純正が・・1080mAh

なのだが

互換品はなぜか・・1500mAh!

画像


ワーイ大容量だお得だヤッタネ!

・・と喜ぶのはまだ速い!w


この手の激安バッテリーの容量の表記
ココの信用の無さというのは
デフレになった近年の日本人ならもう身に付いた能力

元々こういう激安品は純正品の
6~8割くらいの性能と考えるのが妥当

なのでホントに1500mAhだとしたら
目減りしてちょうど純正くらいの性能と考えられる


だがこの互換品メチャンコ軽い!!
大容量のはずなのに純正より軽い
コレいかに?!w

注:この互換品は以前買ったモノです
現在↑のアマゾンに載ってる説明では「1080mAh」と書いてあります
なので今はコレと同じモノが届くかはわかりません


まぁこういう製品は
安いのは安いだけの理由があってだけの話で
使えりゃ多少の事はど~でもいい
という寛容さ(妥協?w)のココロが必要だ


という事で実際NEXに入れてみるぜ!




・・・



・・・


ちょっとキツイなw


まぁこれは互換品によくある話なんだけど
なんかバッテリーがデカイ

正確にはデカイというよりピッタリ過ぎる!w

純正品はストッパーを外すと
中のバネでビヨン!とバッテリーが飛び出すのだが

この互換品だとモソッと少し動く位だ

画像


なんとか指でつまめる位には出てくるので
バッテリーが出てこないので取り出せない!となる事はないが

少し利便性というかスムースさが無いのが
撮影時だとイラつくかもしれない



ではそれ以外の
バッテリーとしての性能はどうだろう

まぁ今時この手のバッテリーにそれほどハズレはないもんだけど
一応やっておくと・・・


充電時間は純正と同じ
特に長い短いもない

もちろんバッテリーチャージャーは純正がそのまま使える
充電中・完了のランプもOK


実際の撮影時間は
特に特別純正より短いという印象はない

かといって長いという事は当然無いw

そして現在の互換バッテリーを購入する時に
意識しておいた方が良いポイントである

バッテリーの残量情報が
ちゃんと表示されるか?
表示されてもそれが正確か?

の問題

この互換品は・・


画像


ちゃんと表示されていましたし正確でした



というワケで
NEXのバッテリーが増えたので
準備万端で撮影にお出かけだ!ウヒッ!




CAUTION:注意!

ここから自己責任の件!

↑上のようにこの互換品は
少し大きいのか装填がキツメだった

なので私は・・・

画像


バッテリーの外壁のプラスチックを
金ヤスリでガリガリ
カッターでカリカリ
して少し小さくしましたww

小さくといってもホンの0.何mmくらいのレベル
それだけで純正くらいのスムースさになりました

やるなら自己責任でね!w




関連日記:

Amazonでフラストレーション・フリー・パッケージでmicroSDHCカードを買った件
EOS MやKiss x7で使用できる激安「LP-E12」互換予備バッテリーを買ってみた件
GoPro用激安互換バッテリー「ワサビパワー」を買ってみた件





2個の方が1個あたりは安いですね
『2個セット』 SONY NP-FW50 互換 バッテリー の 2個セット NEX-3NL NEX-3NY α37 NEX-6Y NEX-6 NEX-6L SLT-A37K NEX-7K NEX6 NEX-C3D NEX-C3K SLT-A55V NEX-5D NEX-5K NEX-3D NEX-3A NEX-5NK ネックス6 等対応



【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1E (FFP)