たま男日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷中霊園にねこちゃんがいた件

<<   作成日時 : 2015/08/11 19:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

コンバンワたま男です
今晩もカメラをもっておでかけしましょう
今回は谷中霊園にいったらねこちゃんがいたけん


夏だ!海だ!墓場だ!


なんて事でお盆が近づいて
お墓に行く機会も増えるこの季節

もちろん谷中霊園なんて山の手の霊園に
一族のお墓があるわけではないのですが

上野のお山に撮影に行った帰り
ちょうど寛永寺前から言問通りに出たので
ちょっとだけ谷中霊園を覗いてきた


そんなワケで今回は

・墓地・霊園での写真撮影のマナー
・お墓を法要を撮っていいものか?
・著名人のお墓で記念撮影はOKか?

という
写真趣味における撮影マナーをお話をしたいと思います!!


・・・なんて事は私はやりませんww

近年その手の「撮影マナー」の話題はよくあり
観光地等ではトラブルも多く
それこそ谷中霊園近くの

「谷中銀座商店街」では写真撮影が禁止になっています

元々この手の撮影禁止になる要因は
「一部のマナーが悪い人」
という

あくまで「一部」と言いたがる人がいますが

電車を撮る「撮り鉄」よろしく
「一部」ではなく「存在」そのものがウザイ

というのは

・それが正しいか正しくないか?
・合理的な証明ができる倫理に元づいてるか?

・・・ではなく
世の中では感受でそう思う人が多いし普通なんです


ド田舎の集落に突然
見知らぬ都会モンの若者が独りいたら
田舎モンはワラワラと集まって来て

・お前なにモンだっぺ?
・田舎の年寄り騙しに来よったが?
・駐在さん呼んでくるズラ!

と騒ぎになります
若者が都会の喧騒と人間関係に疲れ
田舎ののどかな田園風景を見て癒されそうとしてダケ
だとしてもその様な扱いになります

そこには
「世の中は自分の思い通りにならない」
という当たり前の現象しかありません


東京の特に
いわゆる下町や庶民文化的な街には
面白い事に「田舎モノ」(元を含め)ほど
写真を撮りに来ます

いわゆる下町文化などを面白がり
バシャバシャと写真を撮るのです
それでトラブルになる

それが実は↑上の田舎と同じ構図なんです

人は「異物」には敏感で排除したがるものです
それを「排外主義」や「グローバリズム」やら
役立たずの意味不明な言葉で理論だてる人もいますが

世の中そういうモンなんです


特に写真趣味のオッサンや若者でも

マニア特有のドブみたいな色の服を着て
ドブみたいな匂いを発して
ドブみたいな顔をした奴が写真を撮影してたら

そりゃ普通の人にとったら気持ち悪いでしょう


結局撮影マナーなんて

何が良い?何が悪い?

なんてのはどうでもよくて
他人の感受・他人がどう思うか?だけです

つまり全て撮影者の責任であり
そこに説明を求めたり倫理で通そうとするのはナンセンス

・・というかコミュ障なだけじゃね?w




と前置きはこれくらいにしてw

谷中霊園に行ったらねこちゃんがいた

画像


これは実は「動画」からのキャプ

カメラはキヤノンの「EOS M」で
早朝5時の谷中霊園なので薄暗い中
動画でこんだけ撮れれば十分だろう


そう実は今回は動画の撮影にお出かけしてて
「写真」は無いのだ〜ww


という事でユーチューブに動画をアップしました!




↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ




Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M2 ダブルレンズキット(ブラック) EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF-M22mm F2 STM付属 EOSM2BK-WLK









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



谷中霊園にねこちゃんがいた件 たま男日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる