激安のPC用電源の玄人志向「KRPW-L4-400W」の開封と少しゲームを遊ぶ件

コンバンワたま男です
今晩もパソコンで遊んでみましょう
今回は激安のPC用電源の玄人志向「KRPW-L4-400W」を購入したので
その開封と少しゲームを遊ぶ件



動画もあるでよ!
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!



さて
この電源は激安でその購入層の事を考えると
知りたいであろう結論を明確にやっておいた方がいいだろう
って事で


画像


買ったのは玄人志向の「KRPW-L4-400W」

その値段2980円!


↑上の写真はもう開封してあるが
中身はこんだけなので内容物の件はこれでお終い!w
(↓下の動画に開封の様子があります)



おそらくこの様な激安電源の購入を考えてる方は
「自作PCにはあまり興味無いとか解らない」
という方が多そうなので

電源選びや購入時に疑問になりそうな事を
Q&Aみたいにやっていくと・・・



Q:激安電源って使える?

A:使えるに決まってる
デフレの世の中この様な激安品も
それなりには一定以上の品質はある
その線引きは自分で決めろ!


Q:激安電源って長持ちしない?壊れる?

A:↑上と同じ


Q:「80Plus」は何?ゴールドやシルバーが良いんでしょ?

A:80Plusは電気の「変換効率」の指標
良い奴の方が効率が良い
良い分部品も良いはず
その分高い
それだけの話
その高い分と実際の電気代との差はシラネ

「KRPW-L4-400W」はいわゆる80Plus「無印」
謳ってはいないが性能的には「スタンダード」くらい


Q:「400Wで足りるかなぁ~」(チラッ

A:他人のシステムなんてシラネ!

一般的な「家電のPC」くらいの構成なら400Wで十分
ビデオカード(グラフィックボード)を挿してなく
いわゆるオンボードやAPUのビデオ機能なら
よっぽどのCPUやHDDを10個!とかじゃなきゃOK

ちなみに
HDD1個の消費電力は
今時の製品なら3.5インチで

「20W」くらいと見積もっておいて大丈夫
古いHDDなら「30W」で安心

それ以外は大した事無いので
結局CPUとビデオカードの「TDP」を意識すればOK

ただし「TDP」は消費電力の「W(ワット)」とイコールではないので

TDP95WのCPUは最大95W(ワット)の消費電力ではない

目安として「TDPx1.5倍=消費電力」
というカンジで計算するのが一般的というか安心


Q:プラグイン?

A:激安品です!
徹底した低コスト化で
結束バンドの数も少なく

画像

見事なまでにバラバラですw

そのままでも大丈夫ですが
気になる人は自分で結束バンドなど
ケーブルをまとめるバンドで処理すると良いでしょう


Q:SATA電源は何個までOK?

A:1本で3個しかありません!

画像


もう一本は最近段々減ってる4ピンです
HDD・SSDや光学ドライブに4個以上や
配線の問題で足りない時は

画像


この様な4ピン→SATA電源の
変換ケーブルを使いましょう



Q:ビデオカードに使う「PCI Express」の電源コネクタはあるの?

A:あります

ありますが使う?
この電源は400W
ちょっと無理がなくね?

この電源で組むPCでビデオカードを使うとしたら
オンボが無いのや
古いマザボでデュアルモニターにしたいからとかだろうから

画像


このくらいのローエンドのカードが限度じゃね?
となると補助電源いらないからそのコネクタ使わない

ちなみに↑上は「Radeon HD6450」でTDPは27Wだが
推奨電源は400W以上とされている



Q:いや細けぇハナシはいいんだよ!
この「KRPW-L4-400W」でゲームはできるのかよ!

バトルフィールドやりたいんだ~!
コールオブデューティーもやりたいんだ~!
タイタンフォールもやりたいんだ~!

そしてYouTubeでゲーム実況して人気者になりたんだ!

だが金は無い!!

なんだかんだで

PC全体で400W越えなきゃいいんだろ?


A:結論から言うと

ビデオカードを挿してゲームはできます
可能か可能じゃないか?の問いなら「可能」です

ですがオススメはしません

試しにやってみましたが・・・

画像

画像


バトルフィールド4とタイタンフォールも
1920x1080でそれなりな設定で遊べました

今回の電源「KRPW-L4-400W」に換装し
このゲームを遊んだPCの構成は

CPU:AMD Phenom II X6 1090T(OC)
メモリ:4枚
ストレージ:SSDx1 HDDx2
ビデオ:Radeon R9 270(玄人志向 RD-R9-270-E2GB)

となっていてTDPは

CPU:125W
GPU:150W

とこれだけで既に
普通の自作派の人なら400W電源は使わない構成です
(後で↑上のHD6450に交換する予定です)

モチロンパソコンは常に電力を最大消費量で動かしてるわけでなく
必要に応じてというか殆どの使用時には
ダウンクロックなどをして省電力モードになってるワケで

その程度の使用時には400W電源でも十分です

ですがゲーム時はMAXまで行きます


一般的にというか以前からよく言われてるのは
パソコンの電源の「容量選び」には

構成するパーツ全体の最大消費量の

1.5~2倍くらいの余裕があると
電源の「効率」や「耐久性」(寿命)に良い

とされています
つまり具体的には

PC全体で最大300Wはいきそうだな
という時は「550W」や「650W」などが望ましいでしょう

逆にその構成に高級な「1000W」などは意味はありません
(高い分良いパーツを使ってるカモというのはあるが)


・・というか今時のPCパーツは
それほどとんでもない消費電力の製品は
普通の人が買う「売れ筋」にはありません

そもそも高いビデオカードを買う様な人は
電源選びに悩む事はないマニア達ですし

少し乱暴な事言えば
ゲーム前提でそれなりのパーツで組むなら

650Wもあれば十分です

それより下の容量の電源は
ゲームをしない人か
逆に自分のPCの使用量が解ってる人
が購入する時に選ぶというカンジでしょうか





今回の件を動画にしてYouTubeにアップしました!
開封と少しだけゲームを遊んでる動画です





↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ


ちなみに動画内の「CPUクーラーの向き」
が気になる方がいるかもしれませんが

その「刀4」はAMD系では
その方向にしか装着できないクーラーです

その「刀4」の日記→コチラ





今回の電源はこれです
玄人志向 ATX電源 400W KRPW-L4-400W/A

玄人志向 ATX電源 400W KRPW-L4-400W/A
玄人志向

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 玄人志向 ATX電源 400W KRPW-L4-400W/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


400Wで足りない方には
同じ玄人志向の激安品で「KRPW-L5-500W/80+」がありますが
それは価格が微妙なので
どうせならプラグインのタイプが良いでしょう
玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS Bronze 600W ATX電源 KRPW-PB600W/85+



4PINをSATA電源に変換するケーブル
サンワサプライ シリアルATA電源ケーブル 0.16m TK-PWSATA3LA

サンワサプライ シリアルATA電源ケーブル 0.16m TK-PWSATA3LA
サンワサプライ
2006-10-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンワサプライ シリアルATA電源ケーブル 0.16m  TK-PWSATA3LA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル