デザインが良いフィルムカメラを買ってきた件

コンバンワたま男です
今晩も写真やカメラで遊んでみましょう
今回はデザインが良いフィルムカメラを買ってきた件!


今回はクイズだよ!
なので何買ったかはナイショ~!


コレ買ってきた

画像


イカス革ケース
いやこれはケースで中身が大事だけど

フィルムカメラの場合はこういう革ケースが付属してると嬉しいね
基本的にライカとかローライフレックスみたいな有名ドコ以外は
こういうアクセサリーを後から探すのは難しい

そしてあったとしても後から買うと高い!
これ基本トラップw

だからフィルムカメラを買う時は
付属品をチェックするのも大事

この革ケースの中をパカッ

画像


・・・おお緑だ

ベッチンかベロアかビロードか
呼び方は知らんがそんな生地の
ほどは良くはないけどイイカンジの生地

しかもなんか独特の緑
昔の軍用機のメーターパネルまわりの青や緑のメタリックな色っぽい


そして見えないとこだが縫製が・・・

画像


ホッチキスでガッチリ
うーむ合理的!w


ただし古いフィルムカメラの革ケースは
経年でダメになって補修をしてあるのが普通なので
これがオリジナルの革ケースなのかはわからない

・・がおそらくこれはオリジナルのままのようだ

ちなみに今回はクイズなので
背面と中だけだが正面のレンズの先部分には
カメラ名がドーンと型押しされてる


中を見てみよう!

画像

うーむ・・スバラシイ!

もうこれだけで何のカメラか解る人は
それなりにフィルムカメラ好きであり
逆に言えばこれくらいは知ってるのが普通
・・というのが臭いフィルムカメラヲタw


よく昔の表現方で
しかも現在は逆に古い用語なので
デジカメ界隈でも使われることがある

「軍艦部」

カメラの天板のシャッターやダイヤルがあるとこが
横から見た軍艦のようにゴチャゴチャしてるのと似てるので
そう呼ばれる場所

そこがこのカメラの場合何も無い

シャッターボタンしかない
巻き上げレバーもダイヤルもメーターの類も
アクセサリーシューも無い


そして「ファインダー」の覗き口がまたシンプルの極みだ

ただ長方形に切り抜かれてるだけで
ゴムのアイカップ等はまだしも
プラの目あてや飾りリングすら無い

カメラは普通ファインダーが撮影者との「結合」部分だ
コンセントとプラグ
ファインダーを覗く行為でカメラと一体になって撮影する

なので普通はそこは装飾が付くものだ
実用としての「アイカップ」等も
実はそんな装飾の効果もある

オスとメス
おまんまんにビラビラがあって
ラフレシアよろしくおいで~おいで~と引き寄せられ
中を探検したくなる

ただのスリット1本穴だけ露利マン開いてたら
そっちの趣味には良いだろうが
覗きたくなる衝動は起きなくなる


そんな風に
覗きたくなる事を拒否したかの様な
アッサリしたファインダーの覗き口

ファインダー部に処女性をデザインをしたのだ!

・・というのはただの冗談風自論だが
このカメラは全体がとにかくシンプルにできている


数年前から「ミニマルデザイン」という単語を良く聞くようになった

ミニマルデザインとは?
「無駄な装飾や要素をはぶいたシンプルなデザイン」の事
そして省いてばかりだと何も無いつまんないデザインになっちゃうけど
メリハリがあって解りやすいのが特徴

Webサイトのデザインでよく使われるのは
フラットデザインやグリッドレイアウトなど
今時のいかにもWordPressで作りましたよ!ってサイトや

とくに流行ったお馴染みなものとしては
アイフォンなどアップル製品からだ


今回購入したカメラがデザインされたのは
1950年代後半
この個体の製造年はおそらく60年代に入ってからだが

その当時にもうこんなイカスシンプルデザインなのがスゴイ!

画像


革が少し色落ちしててそれ故安く買えた

革の色はオリーブという名前で呼ばれてるが
実際はグリーンだ

母なる大地!
同志スターリン!

な明るめなグリーンをまとった
今というか少し前オシャレ系フィルムカメラ女子に
このグリーンがカワイイと人気になったカメラ

このカメラにまつわる東西冷戦やベルリンの壁や
そういう時代背景のハナシはまたにして
今回はこのへんで



グッバイ、レーニン! [Blu-ray]

グッバイ、レーニン! [Blu-ray]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-01-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グッバイ、レーニン! [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル